11月3日 プードルの無麻酔歯石除去(東京豊島区トリミングサロン)

2020/11/03

プードルの無麻酔歯石除去(東京豊島区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのめるちゃんです。

性別 女の子

年齢 8歳

めるちゃんは今から4年半前からのお客様です。

その時1回出産をした後でした。

その後もう1回出産して避妊手術をしました。

現在は8歳ですが、出産経験があるので歯は弱ってます。

年に2~3回無麻酔歯石除去をしていますが年々歯石の量が増えています。

しかしめるちゃんは施術に対して協力的なので時間は20分で終了します。

歯茎の色は8歳にしては悪いです。

これも出産経験からでしょう。

歯茎のマッサージを自宅でしていただくと血色がよくなると思います。

マッサージの方法は指にガーゼを巻いてお塩を少々付けて優しくマッサージをしてください。

少量のお塩でしたらワンコが口にしても大丈夫と獣医師から伺っております。

母犬を飼っている飼い主様は一度ワンコのお口の中覗いてください。

歯がグラグラしていないか?

歯茎の色は悪くないか?

口臭はするか?

歯肉が下がっていないか?

歯の隙間が空いてないか?

思い当たる箇所があったら是非掛かりつけの動物病院にご相談してください。

手遅れになる前に処置をしていただければシニア期になっても安心ですよ。

プードルは極小でなければ比較的歯は強い犬種です。

めるちゃんは体重が5キロ以上あるので歯の質も良いです。

ただ2回の出産が少しダメージを与えてます。

今のトイプードルはかなり小さく作られてるので歯はとても弱いです。

特に前歯は若いうちからグラグラのワンコが多いですね。

硬いガムも噛まないようです。

オヤツも柔らかいボーロを好むようです。

是非子犬の時から歯磨きの練習をして小麦粉系のオヤツは与えないようにしましょう!!