11月8日 スタンダードプードルの無麻酔歯石除去(東京北区トリミングサロン)

2020/11/08

スタンダードプードルの無麻酔歯石除去(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はスタンダードプードルのリリーちゃんです。

性別 女の子

年齢 4歳

リリーちゃんの無麻酔歯石除去は今回2回目です。

前回は1年9か月前でした。

飼い主様は何故か半年位?前の記憶の様でした。

前回は飼い主様に保定をしていただき施術しましたが、今回は我々だけでやってみました。

大型犬の無麻酔歯石除去は原則お断りしたいのですが、年々要望が増えて来て今年はコロナの蔓延で室内に飼い主様に滞在してほしくなく我々女性の非力さでも保定できる方法を考えました。

やり方は、シャンプーするシンクに大型犬を入れます。

スタッフに顔の後ろから保定してもらう。

すると大型犬は身動きが取れず、顔の位置も歯石を取るのはちょうどいい位置になります。

リリーちゃんはかなり重いので飼い主様にシンク内に入れてもらいました。

原理としては競馬のパドック状態だと思います。

この方法で殆どの大型犬の無麻酔歯石除去が出来るようになりました。

大型犬は飼い主様が躾をしっかりしているので、噛み付かれる事もありません。

出来ませんとお断りしたこともありません。

もし大型犬で歯石で悩まれてる飼い主様がいましたら一度お電話くださいませ(__)。

シニア犬で歯槽膿漏が酷い場合は施術は致しません。

すぐに掛かりつけの獣医師へ行くようお願いします。

大型犬は小型犬より短命ですから歯の状態が悪いと命取りになります。

なので日頃からの歯のケアをしっかりしましょう!

リリーちゃんの飼い主様もマイ歯ブラシ持参でした。

少なくてもリリーちゃんのように歯磨きだけでもしましょう!!