11月14日 プードルの無麻酔歯石除去(東京北区トリミングサロン)

2020/11/14

プードルの無麻酔歯石除去(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのココちゃんです。

性別 女の子

年齢 4歳

ココちゃんは以前無麻酔歯石除去をしたプードルのルルちゃんのご紹介でした。

マイ歯ブラシ持参。

保定も必要ありませんでした。

4歳でも歯石は付きます。

今まで歯磨きはあまりしてないご様子なので、この機会に是非歯磨きの習慣を付けていただきたいです。

以前も記事に書きましたが、パピーハウス無麻酔歯石除去はあくまでも付いている歯石を取るだけです。

時間に余裕があったり、ワンコの協力があれば歯の裏側も取ります。

しかし、来店するワンコ達は大量の歯石を付けてきます。

そして殆どのワンコは、生まれて初めての無麻酔歯石除去です。

殆どのワンコ達は目に見える歯石を80~90%取るだけで時間が終了となります。

飼い主様は以前の酷い状態から比べると大喜びをされて次回の来店は遠のきます。

そしてまた一からやり直しになります。

是非一度施術をしたら3~6か月に1度の施術をお勧めします。

シニア犬等は1~2か月に1度をお勧めします。

そうする事によって施術時間も短くなり常にお口の中は清潔さを保てます。

最近は無麻酔歯石除去の学校を卒業した方が本格的な施術サロンを始める方が増えてきました。

金額的には¥10000以上ですが、徹底的に綺麗になるのではないでしょうか?

何度も申し上げますがパピーハウス無麻酔歯石除去は、あくまでもトリミングの一環のサービスです。

お陰様で常連様はトリミングの時に歯の状態を見て無麻酔歯石除去をするかしないか判断を任せてもらっております。

因みにトリミングの時の無麻酔歯石除去が5~10分で終了する時は減額させていただきます。

ワンコの歯石が酷くなる前に是非除去することをお勧めします。