1月11日 シェルティーのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

2021/01/11

シェルティーのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

本日のお客様はシェルティーのレオ君です。

性別 男の子

年齢 10歳

レオ君とのお付き合いは子犬からなので9年になります。

その前に先代のアーサー君(シェルティー)からのお付き合いなので20年ほどになると思います。

以前はアーサー君を飼い主様が自転車の籠に乗せて来店されていましたが、アーサー君がシニアになると夏の暑さや冬の寒さに通うのが難しくなりました。

パピーハウスは原則送迎はしません。

それは、一人体制の日もあり店を抜けられない事もありお断りしています。

しかし、アーサー君のトリミング来店日をスタッフが必ずいる日にしていただき、車送迎に切り替えました。

最後はアーサー君が寝たきり状態になり私が助手席に座ってアーサー君を抱いて送迎した思い出があります。

そこから引き続きレオ君がやって来たので送迎は継続という事になりました。

レオ君も小型のシェルティーで体重も6キロ台をキープしています。

このように長いお付き合いが出来る事に飼い主様に感謝しております。

因みにレオ君は毎月1回のトリミングを欠かしません。

なので換毛期でもシェルティー特有の激しい抜け毛がありません。

おそらくご自宅でもブラッシングはされていると思いますが、トリミングサロンに出してるワンコは抜け毛が非常に少ないです。

それは、プロのシャンプーの仕方

業務用のドライヤー

プロの乾かし方

プロのコーミング

この違いです。

シェルティーのようなアンダーコートが密な犬種は時々トリミングサロンに出しましょう。

違いが必ずわかりますよwink