3月14日 シニアヨーキーの無麻酔歯石除去(東京北区トリミングサロン)

2021/03/14

シニアヨーキーの無麻酔歯石除去(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はヨーキーのクッキー君です。

性別 男の子

年齢 11歳

クッキー君は1か月~1か月半に一度、定期的にトリミングに来店してくれるワンコです。

無麻酔歯石除去は5か月に一回施術しています。

今回気が付いたのは、グラグラする歯が増えてきました。

歯の痛みもあるようです。

以前から感じていたのは、歯石が付くのは右側が多い事です。

ワンコによっては左側が多い子もいます。

おそらく噛む方向が偏っているのでしょう。

それを飼い主様がわかれば、歯磨きも噛む方を重点的にすると歯石が減ります。

因みにクッキー君は、自宅歯磨きはしていません。

わんこによっては、歯磨きを断固拒否する子が多いですね(笑)

では、飼い主様は何をすればいいでしょうか?

年に数回無麻酔歯石除去をするだけではなく、何か対策を考えませんか?

例えば

歯磨きシートで歯垢や食べかすを取る。

水飲み器をウォーターノズルから器に替える。

これって獣医師も薦めています。

何故かと言うと、ウォーターノズルでお水を飲むと歯に付いた食べかすが水に触れずに残るのです。

そのままにしていると、食べかすが歯垢となりやがて歯石になります。

お水の中に「ボーダンデント」を数滴たらす。

このサプリは、歯石が付きにくくなるサプリです。

オヤツ類を小麦粉系のビスケットやボーロを止める。

小麦粉系は歯垢が付きやすいオヤツです。

歯磨きガムを食後に与える。

以上のように飼い主様でも出来る事は、たくさんあります。

是非、出来る事からお試しください。