4月4日 サモエドのシャンプー(東京北区トリミングサロン)

2021/04/04

サモエドのシャンプー(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はサモエドのエディ君です。

性別 男の子

年齢 10歳

エディ君とは子犬の時からのお付き合いですが、シャンプーは原則自宅でされていました。

パピーハウスでシャンプーするのは、年に1度位でしたが、最近は高齢になり2~5か月に一度来店されるようになりました。

サモエドは寒い地域の犬種なのでアンダーコートが非常に密で換毛期もあまり抜けません。

勿論ブラッシングすれば大量に抜けます。

毎回、毛がらみや毛玉料金がシャンプー代とは別に¥5000以上発生します(-_-;)

全ての作業時間は二人係で3時間半かかります💦

我々スタッフも全身サモエドの毛だらけで終了します(笑)

今回の記事は2月上旬です。

前回のシャンプーから、2か月後でした。

何と毛玉料金はエディ君初の¥2500でした。

トリミング時間も今までの最短時間で2時間45分でした。

これから大型犬を飼おうと思っている方々へ少しでも参考になればと思い、この記事を書いております。

アンダーコートの深い大型犬のお手入れは、本当に大変です。

ブラッシングも毎日必要ですが、うわべだけのブラッシングでは、毛玉が発生して素人さんでは取り切れません。

ドライヤーも人間用のハンドドライヤーでは、何時間かかっても芯から乾きません。

毎月のトリミング代が捻出するのが難しい場合は、トリミングサロンと相談して1週間に1~2度ブラッシングだけを依頼する事をお勧めします。

そうすれば数か月に一度のシャンプー代に毛玉料金が追加されることもなく、短時間で終了します。

皆様のご参考になれば幸いです。