4月11日 盲導犬のシャンプー(東京北区トリミングサロン)

2021/04/11

盲導犬のシャンプー(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はラブラドールのウクルちゃんです。

性別 女の子

年齢 4歳1か月

ウクルちゃんは、昨年秋ごろからのお付き合いです。

ブログ記事にも度々登場してもらってます。

目が不自由な方は、自宅シャンプーは難しいですね。

パピーハウスは盲導犬とのご縁は以前から多少ありました。

初めてのシャンプーの時は、盲導犬だからと身構えてしまいましたが、気が付いた事は盲導犬を洗っているのではなく、ラブラドールを洗っているのだと!

ユーザー様は、この子達と公共の乗り物にも乗るし、スーパー等、食品を扱う店舗にも入ります。

勿論映画館や我々が行く所は、全てOKです。

毛が抜けない対策や体臭の除去等、ペットのワンコより神経を使わなければなりません。

なので我々トリマーは毎月定期的にトリミングに来店してくださるユーザー様に精一杯のお手伝いをさせていただいてます。

シャンプーが終了した後は、お迎えまで店内でフリーに遊んでもらってます。

ハーネスを付けてないウクルちゃんは、伸び伸びと過ごしています。

しかし店内を破壊するような事は一切ありません(笑)

そしてお迎えが来てハーネスを着用すると、キリリとした顔つきになり外に出るとユーザー様の歩調に合わせてゆっくり歩いていきます。

見ていて仕事をしていると言うより、オン、オフが切り替わる感じです。

オンもオフも生き生きしている姿を見ると、胸が熱くなります。

ユーザー様はおそらくパピーハウスに来店する手段は公共の乗り物でいらっしゃると思いますが、同じ乗り物に乗り合わせた方々は、温かく見守り通常の光景として彼らと接してほしいと願います。

盲導犬や介助犬と暮らす方々が暮らしやすい国になる事を切に願います。