5月10日 シニアプードルのトリミング(東京北区トリミングサロン)

2021/05/10

シニアプードルのトリミング(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのラッキーちゃんです。

性別 女の子

年齢 9歳5か月

ラッキーちゃんは、パピーハウスの来店は初めてです。

詳しい事情は伺っていませんが、ビフォーの姿は毛玉と汚れで悲惨でした。

目は、何かのトラブルで眼球が下がり視力は落ちていると思われます。

前回のトリミングから半年ほど経つそうです。

シニアになり目が不自由なワンコにとって、見ず知らずのトリミングサロンは不安だと思います。

怖がらせないように、たくさん声がけをしてトリミングをさせていただきました。

ラッキーちゃんのトリミングスタイル

顔バリ

全身、四足を3ミリのバリカンで刈る。

尻尾は根元から1ミリのバリカンで刈りボンボンを作る。

初回なのでトリートメントをサービスで施術いたしました。

毛玉はたくさんありましたが、トリミング時間は2時間で終了出来ました。

久しぶりのトリミングで、疲れた事でしょう。

目の治療は、違う動物病院で継続していると伺いました。

ラッキーちゃんの視力が、これ以上落ちない事を願うばかりです。

有難い事に、次回のトリミングを予約してくださいました。

その時に、少しでもラッキーちゃんの目が良くなってますように。

今回は飼い主様には、お話しませんでしたがラッキーちゃんは、かなり太り過ぎです。

体重 7キロでした。

飼い主様は高齢の方なので、おそらくオヤツをたくさん与えてる可能性がありますね。

次回体重が増えていたら、オヤツの種類とかあげる回数とかアドバイスしたいと思ってます。

この記事を読んで自分も心当たりのある飼い主様はいませんか?