6月11日 心臓疾患があるチワワのトリミング(東京板橋区トリミングサロン)

2021/06/11

心臓疾患があるチワワのトリミング(東京板橋区トリミングサロン)

本日のお客様はチワワの桜ちゃんです。

性別 女の子

年齢 12歳5か月

桜ちゃんは、パピーハウスの常連さんです。

今から約7年前にパピーハウスのお客様から紹介されて来店してくださいました。

少し太り気味ですが、健康なワンコでした。

ところが昨年末、突然心臓が悪化しました。

獣医師曰く、心臓が悪くなる時は右心房か左心房の片方が肥大して、肥大してない心臓が元気に頑張ってくれるもの。

ところが桜ちゃんは同時に肥大している。

珍しい事例だそうです。

その日から、シャンプーは禁止になりました。

飼い主様は蒸しタオルで全身を拭いてるそうなので、そのまま継続していただくようお願いしました。

今回は、急激に暑くなる前に全身をバリカンでカットする事を依頼されました。

桜ちゃんのトリミングスタイル

全身2ミリのバリカンで刈る。

尻尾は1ミリのバリカンで刈りライオン尻尾にする。

爪切り。

耳掃除。

無麻酔歯石除去。

そして桜ちゃんの心臓に最も悪いのは肥満です。

桜ちゃんの骨格から考えると理想体重は3キロ。

しかしマックス時は4.03キロでした。

飼い主様曰く、散歩禁止になりオヤツも増えたそうです。

今回は3.98キロでした。

一番怖いのは、ダイエットしていないのに体重が減る事です。

そして、その後急激に食欲が落ちてきます。

そうなる前に、体重を減らし心臓の負担を軽くする事が大事です。

心臓の大敵は、他に高湿度と気温の上昇です。

この梅雨時と夏を乗り切れば、冬頃にはシャンプーの許可が下りるかもしれません。

心臓疾患を抱えてるワンコの飼い主様へ

ダイエットを頑張ってこの夏を乗り越えましょう!!

夏季のエアコンは必須ですよ!!