6月26日 元保護犬の無麻酔歯石除去(東京北区トリミングサロン)

2021/06/26

元保護犬の無麻酔歯石除去(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はミックス犬の空君です。

性別 男の子

年齢 11歳

空君は今から9年前に、保護犬としてやって来たそうです。

今から、1年前に初めて無麻酔歯石除去の施術に来店してくれました。

その時は、保定者と二人で施術して80%取れました。

その後、半年後に2度目の施術をして全部取り切れました。

今回は3回目の無麻酔歯石除去でした。

前回から9か月ぶりの施術でしたが、大量の歯石の為70%しか取れませんでした。

次回は夏頃が期間的に良いのですが、空君はシニアなので真夏の徒歩の来店は負担が大きいので秋か初冬に来店をお願いしました。

シニアになると歯石の付く量は増えます。

付くスピードも速くなります。

おそらく空君は、自宅で歯磨きはしていないでしょう。

そうなると本当は3か月に1度の無麻酔歯石除去の施術がお勧めです。

多分、施術時間は15分以内で終了することでしょう。

でも、喜んで無麻酔歯石除去に来店するワンコはいません。

来る事自体がストレスになる事も心配です。

他の記事でも書きましたが、歯磨きが出来ない場合は、歯磨きシートで食べかすを取るだけでも歯石が付くスピードを遅く出来ます。

それも出来ない場合は、歯磨きガムを食べさせることをお勧めします。

缶詰やレトルトを食べさせないだけでも歯石の付く量は減ります。

お水をたくさん飲む事も、お口の中のうがいに繋がります。

飼い主様が出来る事を、継続すればワンコのお口の中は清潔に保たれる時間が増えますよwink