7月5日 プードルの無麻酔歯石除去(東京北区トリミングサロン)

2021/07/05

プードルの無麻酔歯石除去(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのラッキー君です。

性別 男の子

年齢 8歳

ラッキー君の無麻酔歯石除去の施術は今回で2回目です。

前回は約2年前でした。

2年も間が空いたのに歯石の量は多くありませんでした。

歯石が付きにくいのは体質なのか?食生活なのか?

どちらにしろ優秀なので、このままの生活スタイルを続けてほしいと思います。

しかし、施術には保定者必須のラッキー君でした(-_-;)

歯石が付いている箇所は2年前と全く同じ箇所でした。

左側犬歯と左側臼歯だけです。

おそらく左側で食べ物を噛む癖があると思います。

大きな歯石だったのでスケラーより、ほぼ鉗子で取り切れました。

施術時間は、約15分で終了しました。

2年前にラッキー君の飼い主様に歯ブラシを購入していただきましたが、自宅では歯磨きが出来ないらしいです。

今回は歯ブラシ自体お持ちにならなかったので紛失したかもしれませんね(笑)

歯磨きが出来ないワンコは無理強いはしなくてもいいと思います。

押さえつけて無理やり歯磨きをしても正しく磨けません。

若いワンコであれば玩具等を噛ませる事をお勧めします。

玩具の引っ張りっこもお勧めです。

フードは半生やレトルトは歯石が付きやすいフードです。

茹でたお肉の方が歯で引き裂く行為をするので歯石が付きにくいでしょう。

硬めのガムを与えると臼歯の歯石が防げます。

お水を食後にたっぷり飲ませると食べかすが取れます。

もしお水をあまり飲まない場合は、ササミのゆで汁などをあげると効果が大きいです。

犬用ミルクを薄めてあげるのもお勧めです。

ワンコの寿命は長くなっているので歯のトラブルも増えています。

若いうちから対策を取りましょう!