7月11日 ミックス犬の一時預かり(東京北区トリミングサロン)

2021/07/11

ミックス犬の一時預かり(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はミックス犬のTINO(ティノ)君です。

性別 男の子

年齢 4歳5か月

TINO君はチワワとダックスのミックス犬です。

実はTINO君は、ご近所ですがパピーハウスに来店するのは初めてです。

飼い主様に伺ったところ、トリミングサロンはトリミング学校に出しているそうです。

トリミング学校はしつけ教室もありますが、ペットホテルはしていないそうです。

TINO君は、今度飼い主様のご都合で8泊ペットホテルに預ける事になったそうです。

そこで、いつもトリミング学校に行く時にパピーハウスの前を通るので、依頼が直接ありました。

生まれて初めてのペットホテルだそうです。

そこで数時間の一時預かりを経験してもらいました。

色々注意点を伺いました。

しかし注意点で抜けていたのが排泄問題でした(笑)

何と室内で足を上げてのオシッコcrying

そこでマナーベルトを装着して一件落着👏

3時間ほどのお預かりは無事に済みました。

今月中旬に8泊のペットホテルがスタートします。

因みにパピーハウスでのホテル生活は、ワンコの性格を見て日中は店内をフリーにさせています。

トリミングが忙しい時間帯は犬舎に入ります。

お散歩は一日2回。

持参の首輪&リードにパピーハウスのハーネスを付けてダブルでお散歩に行きます。(脱走予防のため)

営業時間(10時~19時)ですが、コロナ禍の為閉店時間は18時にしています。

ペットホテルのワンコやニャンコがいる時は、8時に出勤してお散歩に行きます。

夜が長いのが不憫と思われる飼い主様は、トリミングサロンに預けるよりペットホテル専門店をお勧めします。

因みにいつも食べ慣れてるフードやおやつはご持参いただきます。

お支払いは、ペットホテル当日に前金となります。

お預かり中病気になった場合、パピーハウスで動物病院に連れて参りますが料金は飼い主様負担となりますことをご了承ください。

 

コロナ禍で今年の夏も、ペットホテルは激減です。

でも、動物達にとっては安心できる自宅で過ごせることが何よりです。

TINO君が、8泊の間快適に過ごせるよう努めたいとスタッフ一同頑張ります!