8月1日 シニアチワワのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

2021/08/01

シニアチワワのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

本日のお客様はチワワのフェリ君です。

性別 男の子

年齢 13歳5か月

フェリ君は、肝臓と心臓の病気治療中の為、数か月シャンプーが禁止されていました。

シャンプー禁止中はバリカンカットと爪切り耳掃除、肛門腺絞りだけ月に1度依頼されていました。

今回やっとシャンプーの許可が下りたので手早く仕上げる事を心掛けました。

フェリ君のトリミングスタイル

全身、尻尾は2ミリバリカンで刈る。

トリミング自体は、約40分ほどで終了しました。

後で伺ったところ、トリミング後はフェリ君は疲れが出た様子です。

全身2ミリのバリカンで刈ったので当分シャンプーはせずに、自宅で蒸しタオル等で汚れを拭き取る事をお勧めしました。

因みにフェリ君は、昨年まで送迎付きのトリミングサロンに通っていたそうです。

朝お迎えに来て、帰りは夕方になるそうです。

大手のトリミングサロンは、車でたくさんのワンコをお迎えに行って、全員が仕上がったら一気に送るスタイルです。

これは、どこも同じだと思います。

1頭づつ送迎をしていたら効率が悪く人手もかかります。

一番先にトリミングが終わったワンコは夕方までハウスで待つしかありません。

フェリ君の飼い主様は、年齢と病気の事を考え自宅近くのパピーハウスに変更されたようです。

シニアワンコの飼い主様は、是非ワンコファーストでトリミングサロンを決めてあげてください。

そして、猛暑の夏はトリミングを休みましょう。

暑くなる前に短くカットして、後は蒸しタオルや洗い流さないシャンプーなどで凌ぎましょう!