9月3日 シニアマルチーズのトリミング(東京北区トリミングサロン)

2021/09/03

シニアマルチーズのトリミング(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様は、マルチーズのナビ君です。

性別 男の子

年齢 13歳1か月

ナビ君とは子犬の時からのお付き合いです。

遡れば先代のマルチーズの平七君からのお付き合いとなります。

平七君は、名前の通り平成7年生まれ(笑)

13歳で天国に旅立ち、その後ナビ君が家族の一員となりました。

ナビ君は先輩の平七君と同じ年になりました。

我々スタッフ一同、ナビ君が平七君の生きた年齢を遥かに超える事を願ってます。

ナビ君のトリミングスタイル

身体3ミリのバリカンで刈る。

足バリは第一関節まで刈る。

顔は丸く短くカットする。

尻尾は短くカットする。

爪は飼い主様の希望で出血するまで短く切る。

勿論、その後クイックストップ(止血剤)を付けます。

ナビ君は2か月~3か月に一度のトリミングなので、どうしても爪が伸びてしまいます。

体重も3キロ前後なので、体が軽いため爪も減りにくいと思います。

以前、爪切りがあまり短くなかった時があった事があり飼い主様の不信感を持たせてしまい、それからは必ずお迎えに来た時に爪の長さを確認してもらいます。

爪の長さは、あくまでも飼い主様のご希望なので、我々トリマーはご要望通りにいたします。

しかしワンコからしたら血管を切るので、チクッとした痛みを感じます。

大袈裟なワンコは、鳴きますcrying

爪を短くしたいと思う飼い主様は、お散歩で短くするとか、ヤスリ(犬用)で爪を削るなどすると血管が短くなり爪切りしても出血する事が無くなります。

是非ご検討してみてくださいませ。