11月2日 シニアプードルチームのトリミング(東京板橋区トリミングサロン)

2021/11/02

シニアプードルチームのトリミング(東京板橋区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのロゼーニちゃんとクローバー君です。

性別 ロゼーニ 女の子

   クローバー 男の子

年齢 ロゼーニ 14歳(推定)

   クローバー 8歳3か月

ロゼーニちゃんとクローバー君は、元保護犬です。

クローバー君だけ、ブリーダー出身なので生年月日が正確です。

ロゼーニちゃんのトリミングスタイル

顔バリ

足バリ

尾バリしてボンボンを作る。

耳裏は1ミリのバリカンで刈る。

身体は1ミリのバリカンで刈る。

四足は8ミリのバリカンで刈り、小さめのブーツカットにする。

トリートメント

 

クローバー君のトリミングスタイル

マスタッシュカット

足バリ

尾バリしてボンボンを作る。

身体は3ミリのバリカンで刈る。

四足はハサミで細めのブーツカットを作る。

トリートメント

 

トリミング終了後マイクロバブル60分コース

 

ロゼーニちゃんは、体にイボが増え出血する事があります。

薬を塗りやすくするために、1年中1ミリのバリカンで刈ります。

最近、足腰が弱くなりトリミングテーブルで長い時間立つのが難しくなりました。

テーブルには滑りにくいマットを敷いてトリミングをしています。

おそらく目も殆ど見えてないと思われます。

高いトリミングテーブルが怖いと感じているので、カット時間は極力短くするよう心掛けております。

このようなシニア犬のトリミングは、スタイルより清潔重視です。

 

クローバー君は、シニアでも8歳なので若く元気です。

しかしブリーダー放棄の原因が後ろ足の欠陥だったので常に後ろ足は注意しています。

子犬の時は後ろ足がクロスして歩行が困難でした。

しかし今は酸素カプセル効果で、見た目ではわからなくなりました。

一時は酸素カプセルのパスポート会員になり毎日酸素カプセルに通っていました。

現在はトリミング時だけ入っています。

 

今は2ワン共、今の飼い主様の手厚いサポートによって幸せに暮らしています。

パピーハウスも、この子達とずっと寄り添っていきたいと思っております。