11月4日 シニアプードルチームのトリミング(東京足立区トリミングサロン)

2021/11/04

シニアプードルチームのトリミング(東京足立区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのタバサちゃんとアグルちゃんです。

性別 女の子

年齢 タバサちゃん 17歳6か月

   アグルちゃん 12歳8か月

タバサちゃんはパピーハウスで最高齢のプードルです。

今年は何度も危機が襲いましたが、ほぼ毎月トリミングに来店しています。

現在は目は見えません。

体重も減少していますが、飼い主様の献身的介護で何とか体重を維持しています。

タバサちゃんのトリミングスタイル

身体と四足は8ミリのバリカンで刈る。

足バリ

尻尾棒状にカットする。

テディベア

マイクロバブル

 

アグルちゃんのトリミングスタイル

身体は3ミリのバリカンで刈る。

四足は8ミリのバリカンで刈る。

尻尾棒状にカットする。

耳裏は1ミリのバリカンで刈る。

テディベア

マイクロバブル

 

タバサちゃんは足腰の筋肉が減少して踏ん張る力が無いので、トリミングテーブルに滑りにくいマットを敷いてます。

お顔は飼い主様には拭かせないので、毎回ガビガビです(笑)

シニアになると、殆どのワンコが頑固になります。

これは元気な証拠なので安心してください。

飼い主様は多少噛まれても、元気だと喜びましょう!

何も逆らわず、ぐったりしている事は危険なサインです。

すぐ動物病院へ連れて行きましょう。

因みにタバサちゃんは、パピーハウスではお顔のカットは多少やらせてくれます(笑)。

お顔の毛はだいぶ抜けて無い状態の所があります。

なので左右対称になりませんが清潔重視なので、飼い主様も喜んでくださいます。

ハイシニアになったら、若い時のトリミングスタイルは止めましょう。

因みに、タバサちゃんのトリミング時間は、ほぼ1時間で仕上げております。

ハイシニアは、清潔と短時間のトリミングが大事です(__)