11月7日 多頭飼いプードルのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

2021/11/07

多頭飼いプードルのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのネロ君です。

性別 男の子

年齢 6歳1か月

ネロ君は5頭家族です。

両親犬と3兄妹で暮らしています。

約1週間で別々の日にトリミングのご予約をいただきました。

お付き合いは5年半前からとなります。

途中、トリミング学校に変更された期間が数か月ありましたが、ワンコ達がストレスでお腹の調子を壊すそうで又、パピーハウスに戻って来てくれました。

でも、トリミングサロンを選ぶのは飼い主様の自由です。

経済的な事を考えれば、病気になった時の治療費は削れないので、トリミング代を削るのは当然だと思います。

でも、ネロ君のように別のトリミングサロンを決めておく事は大事です。

シニアになるとトリミング学校から卒業を言い渡されます。

病気になると、断られます。

噛み付くワンコも断られます。

そうなる前に、セカンドサロンを決めておきましょう。

ペットホテルで利用するのも良いと思います。

年に1度位、トリミングに出して顔を覚えてもらうのも良いと思います。

是非早めに検討しておきましょう。

 

さて、ネロ君のトリミングスタイルです。

身体は2ミリのバリカンで刈る。

四足は5ミリのバリカンで刈る。

足バリ

マスタッシュカット

ソフトモヒカン

尻尾1ミリのバリカンで刈り、ボンボンを作る。

ネロ君は、家族の中で1頭だけ臆病さんです。

おそらくトリミング学校には不向きなワンコと思います。

怖くて怖くて、思わずお口攻撃が出てしまします。

なので下準備(爪切りとか諸々)の時は、口輪をします。

肛門腺絞りも激怒するので口輪が必要です。

後は、外してOKなワンコです。

臆病さんは神経が繊細ななので、もしかしたら帰宅するとお腹を壊すかもしれませんが、今の所飼い主様からは報告は受けていません(´▽`) ホッ

多頭飼いの場合、飼い主様は、それぞれの性格を把握しておきましょう。