12月10日 ダックスの無麻酔歯石除去(東京足立区トリミングサロン)

2021/12/10

ダックスの無麻酔歯石除去(東京足立区トリミングサロン)

本日のお客様はダックスのテト君です。

性別 男の子

年齢 4歳

この記事は10月中旬です。

テト君は遠方の足立区から来てくれました。

4歳の若さなので、1回の施術で終了させたかったのですが、無理でした💦

保定者もいらない位、おとなしく施術は終わりました。

殆どの飼い主様は、1回の無麻酔歯石除去の施術で満足されて次回は、ずっと先になる方が多いのですが、テト君の飼い主様は、完全に綺麗にしたいご希望だったので1週間後に来ていただく事になりました。

何度も記事に書きましたが、歯石を残したまま何か月か経つと、あっという間に元通りに歯石が付きます。

飼い主様が頑張って毎日歯磨きをしても、歯石が残ってる箇所は、歯石が付いてしまいます。

せっかくワンコが頑張って無麻酔歯石除去の施術を耐えたのですから、又次回も同じことを繰り返すのは忍びないですよね?

獣医師のように麻酔や研磨機を使わないので100%綺麗にはなりませんが、せめて大きな歯石や歯の裏側の歯石等は取ってあげたいです。

特に歯の裏側は、ワンコが一番嫌がる箇所です。

やらせてくれないワンコも多いです。

でも協力してくれるワンコには、全力で取ります。

それには時間が必要です。

テト君のような協力的な若いワンコでも2回の来店が必要です。

料金が倍になってしまいますが、飼い主様のご理解を賜りたいと思います。

一度リセット出来れば、歯磨き次第ですが1年は無麻酔歯石除去に来店しなくて済むと思います。

因みにシニアワンコの無麻酔歯石除去の間隔は平均して3か月に一度となっています。

100%近く歯石が取れれば、又次回来た時に施術時間が短縮できます。

ワンコの心の負担も軽減されますよwink