1月6日 シニアヨーキーの無麻酔歯石除去とトリミング(東京北区トリミングサロン)

2022/01/06

シニアヨーキーの無麻酔歯石除去とトリミング(東京北区トリミングサロン)

明けましておめでとうございます。

本年は本日6日より営業いたします。

今年もパピーハウスをよろしくお願いいたします。

 

本日のお客様はヨーキーのクッキー君です。

性別 男の子

年齢 11歳10か月

クッキー君の無麻酔歯石除去の施術は年に3~4回行っています。

トリミングは、1か月半に一度のペースでご来店いただいてます。

毎回歯磨きをして、お口チェックをします。

そこで次の無麻酔歯石除去の施術を決めさせていただいてます。

若い時は、年に1~2回の無麻酔歯石除去で済みましたが、シニアになり施術の回数は増えてきました。

グラグラの歯も数本発見しています。

クッキー君無麻酔歯石除去の施術には、今の所保定者は必要ありません。

今にも抜けそうな歯も鉗子で歯石が取れています。

自宅では、歯磨きなど一切させないクッキー君ですが、パピーハウスでは驚くほど従順な態度に毎回感謝してます(笑)

 

クッキー君のトリミングスタイル

全身、四足2ミリのバリカンで刈る。

耳バリ。

顔はできる限り丸く(マズルが長いので丸くするのは難しいです)口周りは短くカットする。

歯磨き。

マイクロバブル

ノルバサンシャンプー使用

初めてクッキー君がパピーハウスにトリミングで来店した時は、皮膚の状態は悪く支持通りノルバサンで洗う事になりました。

しかし動物病院を変えて治療法が変わってからは皮膚は大変良くなりました。

なので、そろそろノルバサンは止めてもいいかと思います。

しかし先ずは獣医師に飼い主様が相談するようお願いしてみました。

11歳の若さなので、これからもクッキー君には綺麗な歯と皮膚で過ごしてほしいと思ってます。