1月7日 シニアプードルのトリミング(東京北区トリミングサロン)

2022/01/07

シニアプードルのトリミング(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのラッキーちゃんです。

性別 女の子

年齢 10歳1か月

シニアと呼ぶには若いラッキーちゃんです。

しかし以前通っていた動物病院の治療法があってなかったようで、ほぼ視力を失ってます。

現在は別の動物病院で治療をして痛みは消えたようです。

トリミングは、昨年の4月からパピーハウスに通ってくれてます。

ラッキーちゃんのトリミングスタイル

顔バリ

全身と四足は3ミリのバリカンで刈る。

尻尾は1ミリのバリカンで刈り、ボンボンを作る。

耳は形通りにカットする。

ラッキーちゃんの眼球は、手遅れになり落ち込んでます。

なので一見するとかなりシニアに見えますが元気いっぱいです。

苦手な肛門腺は、かなり怒ります(笑)

自己主張してくれて、トリマーとして嬉しいです。

お散歩も飼い主様と行ってるようです。

しかし一つ残念なのは、太り過ぎ(;^_^A

体重は、7キロ台です。

骨格からすると5キロ台でいいと思います。

飼い主様に伺うと、ドッグフードは食べないようです。

因みに何を食べるのか?

答えは・・・

コンビーフ

チャーシュー

チーズ(おそらく人間のチーズだと思います。)

飼い主様も少し年配の方なので、考えを改めていただけません(;^_^A

もしご家族がいれば、何とか改善策を考えていただければ幸いなのですが・・・

 

もしこれから、ワンコと暮らそうと考えてる方がいましたら、是非人間の食べ物で味付けをしてあるものは与えないでください。

手作り食を与えるのであれば、勉強してから与えましょう!

子犬時代に覚えた味は、中々消せません。

ラッキーちゃんが、これから少しでも健康で長生き出来ますようにと願う私です。