5月6日 シニアプードルの無麻酔歯石除去&トリミング(東京北区トリミングサロン

2022/05/06

シニアプードルの無麻酔歯石除去&トリミング(東京北区トリミングサロン

本日のお客様はプードルのココ君です。

性別 男の子

年齢 10歳1か月

ココ君は、今から1年半前に無麻酔歯石除去で来店してくれました。

それから、今回が4回目となります。

この記事は2月上旬です。

今回は、トリミングもセットでご依頼を受けました。

ココ君は、初めての無麻酔歯石除去の時は、抵抗なく施術させてくれました。

しかし、2回目から少しだけ噛むようになりました(-_-;)

3回目、4回目と抵抗は激しくなってきました(;'∀')

このパターンは、他のワンコにも多いです。

1回目の無麻酔歯石除去の施術は、何だか分からないうちに終了して、内心は怖かったのでしょう。

2回目からは、施術の記憶が残っていて何とか止めさせようと抵抗する。

それでも施術は止まらないので噛んで来る!

施術する者は、指を噛まれたら無麻酔歯石除去は出来ません。

しかしココ君の場合は、コツを掴めば何とか回避できます(笑)

勿論保定者は必須です。

現在は5~6か月間隔で来店なので、歯石の量も大量ではありません。

施術時間も20分程で終了しています。

ココ君が嫌な思いをする時間を短くするよう努力しております。

初めて無麻酔歯石除去を依頼される飼い主様には、ワンコが嫌がって噛む場合は出来ないとお伝えしています。

出来るワンコと出来ないワンコがいる事を、ご理解した上でお申し込みくださいませ。

ココ君のトリミングスタイル

身体は5ミリのバリカンで刈る。

尻尾は1ミリのバリカンで刈り、ボンボンを作る。

四足はハサミ仕上げ。

今回ココ君のトリミングは、初めてだったので気が付いた事を飼い主様にお伝えしました。

背中が真っ赤でした。

ドライヤーで初めて気が付きました。

次回の無麻酔歯石除去は5か月後なので、その時に背中の湿疹が消えていますように!

因みに、今回は皮膚被毛用のサプリのオヤツを購入してくださいました。

あれから3か月経つのでご近所で、このオヤツが買えていますように!