6月10日 ハイシニア柴犬のシャンプー(東京北区トリミングサロン)

2022/06/10

ハイシニアプードルの柴犬のシャンプー(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様は、柴犬のくろたろう君です。

性別 男の子

年齢 15歳6か月

くろたろう君とのお付き合いは、今から1年前です。

以前にも記事に書きましたが、ずっとご自宅でシャンプーをされていたそうです。

ハイシニアの中型犬は、足腰が弱って来ると家族ではシャンプー中に支える事が難しくなります。

目も見えずらくなってると思われます。

今までじっとしていた姿勢が出来なくなり、歩き回ります。

飼い主様はお風呂場で、大変だったと思います。

そして柴犬の中で、黒色は特に毛量が多いです。

換毛期には、毛が舞うように抜けます。

ご家庭のハンドラーでは、芯から乾かすことは不可能です。

くろたろう君の毛がらみは、量で言うと洗面器1~2杯です(-_-;)

時間にして、2時間かかる時もあります。

そして、トリミングテーブルを歩き回ります(-_-;)

これがハイシニアの柴犬の状態です💦

この記事3月中旬です。

毛がらみの追加料金も、いただきました。

トリマー歴が長い私ですが、エプロン下の白衣がくろたろう君の毛で、初めて着替えました(笑)

そして、くろたろう君が帰ってからトリミング室のお掃除に30分かかりました(-_-;)

3月で、これだけの抜け毛なので、まだまだ抜け毛は続く事でしょう。

黒柴をこれから、飼いたいと思う方は、是非日頃のブラッシングをしっかりする覚悟をお持ちください。

そして換毛期には、必ずプロの手を借りましょう!