6月20日 シニアチワワの無麻酔歯石除去&トリミング(東京豊島区トリミングサロン)

2022/06/20

シニアチワワの無麻酔歯石除去&トリミング(東京豊島区トリミングサロン)

本日のお客様は、チワワのここた君です。

性別 男の子

年齢 11歳2か月

ここた君は、昨日の記事のルーク君の同居犬です。

ここた君の歯石の付くスピードは、ルーク君より遅いので、無麻酔歯石除去の施術は、年に2回ほどです。

しかし、シニアになると歯石の量は増えてきました。

しかし施術時間は、10分で終了しました。

ここた君も、保定は必要ありません。

この記事は、3月中旬です。

ここた君のトリミングスタイル

シャンプーコース

マイクロバブル

 

ここた君は、梅雨時から夏にかけて毎年カットをご依頼されます。

全身を1ミリのバリカンで刈ります。

しかし、チワワはダブルコートの犬種なので、バリカンやハサミで刈ると毛が生えてこない場合があります。

ここた君は、若い時からバリカンをかけていますが今の所、毛はフサフサに生えてきます(´▽`) ホッ

ダブルコートの犬種を飼っている飼い主様は、初めてのバリカンカットの時は、トリマーさんと相談してから決めましょう。

因みにシングルコートの犬種は、プードル、マルチーズ、ヨーキー等です。

ダブルコートの犬種は、チワワ、ポメラニアン等です。

特にポメラニアンは、1回のバリカンカットで剥げてしまい二度と毛が生えてこないワンコがいました。

勿論、ポメラニアンでもバリカンカットOKなワンコも沢山います。

ただ、飼い主様が認識をしていれば防げるアクシデントだと思います。

禿げたワンコは、マイクロバブルや動物病院のサプリ等で少しづつ復活する場合もあります。

もし、初めてのカットで不安であれば、お腹のバリカンを広くかけたり、ハサミでお尻周りや胸周りを短くする事をお勧めします。