7月11日 ワイヤーダックスのトリミング(東京板橋区トリミングサロン)

2022/07/11

ワイヤーダックスのトリミング(東京板橋区トリミングサロン)

本日のお客様は、ワイヤーダックスのサブロー君です。

性別 男の子

年齢 7歳7か月

サブロー君は、先日の記事のチロ君の同居犬です。

チロ君とは10歳離れてます。

サブロー君のトリミングスタイル

顔は1ミリのバリカンで頬を刈り、髭を作る。

頭は2ミリのバリカンで刈り、眉を作る。

身体と尻尾と四足も2ミリのバリカンで刈る。

この記事は、4月中旬です。

トリミングは12月以来だったので、肛門腺が溜まってると思いましたが、空でした💦

おそらく4か月の間に、漏れたと思われます(笑)

12月の時の肛門腺は、超特大の量でした。

この量が漏れたとしたら、かなり悪臭がした事でしょう(笑)

サブロー君は、骨格が大きいので体重も7キロ越えです。

がっしりした体格です。

なのでダイエットは必要無いと思いますが、8キロを超えると腰に負担がかかるので現在の体重(7.24キロ)を維持する事が望ましいです。

以前記事に書きましたが、4年前に亡くなったカール君は若い時の体重は不明ですが、やはり骨格の大きいワンコでした。

昨日の記事のチロ君は、初めてトリミングに来た時は。6キロ越えでした。

現在は3,35キロですが元が大きかったから身体が持つのかもしれません。

太り過ぎは、よくありませんが骨格が大きい事は比較的長寿につながるようですね(^_-)-☆

 

サブロー君の飼い主様は、遠方ですがワイヤーダックスの顔のカットがご近所のトリミングサロンより、パピーハウスが気に行ってくれてご来店してくださいます。

これからも、お気に召すカットを目指したいと思います。