7月24日 シニアスコッチテリアのトリミング(東京文京区トリミングサロン)

2022/07/24

シニアスコッチテリアのトリミング(東京文京区トリミングサロン)

本日のお客様は、スコッチテリアのるーちゃんです。

性別 女の子

年齢 13歳5か月

るーちゃんとのお付き合いは、昨年の2月からです。

以前にも記事に書きましたが、今まで行っていたトリミングサロンから、シニアなので断られた経緯があります。

るーちゃんは、爪切りと前足が大嫌いです(笑)

そこだけ口輪をすればOKです!

この記事は、4月下旬です。

るーちゃんは、3月に肝臓の癌手術をしています。

脾臓は全摘だったそうです。

今回は、いつも以上に手早く仕上げました。

るーちゃんのトリミングスタイル

身体と尻尾は2ミリのバリカンで刈る。

頭と顔と四足は3ミリのバリカンで刈る。

耳バリをして飾り毛は残す。

顔の髭はシュナカットをもっと短くした形にする。

全行程は1時間20分でした(;^ω^)

もし次回も元気で来店してくれたら、フケが多いのでマイクロバブルをお勧めしました。

今回は、前のトリミングから3か月経過してるのですが、体調次第で以前は、半年お見えにならなかった時もあるので、無事を祈っております。

このようにシニア犬で、術後の場合、トリミングスタイルより清潔さを優先します。

勿論飼い主様にも了承いただきます。

大病したり、大きな手術をした後は、行きつけのトリミングサロンも躊躇すると思います。

獣医師から許可が出ている事をお話して、不揃いでもいいから清潔にしてほしいと、頼んでみましょう。

短くする箇所は、目の周り、お腹、オシッコする箇所と肛門周り。

ここをツルツルにしてもらいましょう。

夏季だったら全身も2~3ミリのバリカンで刈る事をお勧めします。

寒そうだったら綿100%のお洋服を着せましょう。

短ければ、排泄や嘔吐などで汚れても自宅でケア出来ますよ。

もしシャンプーする体力が無ければカットだけの依頼をしましょう。

シニア犬だって、綺麗にしてもらうのは嬉しいはずです!