7月29日 糖尿病シニアプードルのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

2022/07/29

糖尿病シニアプードルのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

本日のお客様は、プードルのモカちゃんです。

性別 女の子

年齢 14歳4か月

モカちゃんは、以前動物病院併設のトリミングサロンの通っていたそうです。

モカちゃんは、クッシングと糖尿病を患っているので動物病院でのトリミングが大事だと思って通っていたそうです。

しかし1年前から、飼い主様は動物病院を変更されたそうです。

新しい動物病院の途中にあるのが「パピーハウス」でしたlaugh

そこから1年ご縁が続いてます。

この1年で、モカちゃんの体調は維持出来てるそうです(´▽`) ホッ

トリミング中は、かなり立ってる事が難しくなってきました。

立ったり座ったりを繰り返します。

トリミングテーブルから落ちないよう、最善の注意を払ってます。

1年前より目が見えずらくなっています。

お迎えまで店内をフリーにするとパニックのようになるので、今ではハウスの中で待機してもらっています。

モカちゃんは、朝晩インシュリン注射を打っているそうですが、コントロールがうまくいっているようで、以前の動物病院に通っている時より体重が増加しています(-_-;)

体重増加は、健康な証しですが糖尿病の事を考えると、飼い主様も悩んでいました。

因みにモカちゃんは、クッシングのお薬を飲ませるのに飼い主様は苦労されてるようでした。

パピーハウスでお勧めしたのは「メディーボール」です。

投薬補助用のオヤツです。

これを購入してから、投薬の悩みは解消したそうです\(^o^)/

モカちゃんのトリミングスタイル

全身四足を8ミリのバリカンで刈る。

テディベア

尻尾は付け根から丸くカットする。

トリミング時間は1時間10分程です。

シニア犬のトリミングは、清潔さと短時間が重要です!