8月28日 ビビリなプードルのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

2022/08/28

ビビリなプードルのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

本日のお客様は、プードルのネロ君です。

性別 男の子

年齢 6歳10か月

この記事は6月中旬です。

ネロ君はプードル5頭家族です。

子犬の時からのお付き合いですが、最初からビビリでした(笑)

よく言えば、神経が繊細なワンコです。

両親犬も、兄弟犬もネロ君とは違う性格です。

どちらかと言えば、おおらかな感じです。

ネロ君家族は、途中からトリミング学校のモデル犬となりパピーハウスとはご縁が切れました。

しかし、数か月後ネロ君とママ犬とパパ犬が戻って来ました。

お話を伺うとネロ君は、トリミング学校の生徒さんに牙を向くようです(笑)

私にも、威嚇するワンコです(笑)

ビビリなので、苦手な個所に触れられると牙を向いて止めさせようとします。

パピーハウスでは、その箇所だけ口輪をして作業します。

あっという間に終わります👏

おそらくトリミング学校の生徒さんは、噛む行為をするワンコに怯むのでしょう。

若いし、経験不足なので致し方無いです。

ネロ君は、取り合えず毎回トリミング後下痢をするそうです(;^ω^)

トリミング学校のストレスがお腹に来るのでしょう。

因みにネロ君がパピーハウスに来ても下痢をしました(;^ω^)

それは、3月のトリミング中の出来事でした。

しかし今回のトリミングでは無事でした(´▽`) ホッ

このように、大勢のトリマー達に囲まれ、周りにも大勢のワンコがいる中のトリミングにビビるワンコもいます。

トリミング学校に出す場合、自分のワンコの性格を把握して帰宅後の様子をチェックしましょう。

ネロ君のトリミングスタイル

顔はマスタッシュカット

頭はソフトモヒカン

足バリ

身体は2ミリのバリカンで刈る。

四足は5ミリのバリカンで刈る。

尻尾は1ミリのバリカンで刈り、ボンボンを作る。

下ごしらえは全て口輪を使用します。